革細工:Radical Craft
メニュー 作品一覧
革について
このサイトについて
おすすめ
リンク

Radical Craft メール メール


Radical Craft は
リンクフリーです。

Radical Craft





 ■ 革の手入れ 2009/01/12

 【濡れた場合】

 水に濡れたままにしておくと、「しみ」になってしまいます。

 また、型くずれしたり、カビの発生原因にもなります。

 濡れてしまったら、すぐに拭き取ってください。

 カバンなど、濡れる可能性の高いものは、防水スプレーなどを使うとしみになりにくくなります。


 【汚れた場合】

 汚れは、はたき落としてください。

 こすってしまうと、汚れが落ちにくくなる場合もあります。

 どうしても落ちない場合は、「消しゴム」を使うと落ちることがあります。

 ただし、革を傷めるほどこするわけにはいかないので、軽くこする程度にしてください。


 【カビが発生した場合】

 カビは、革の内側から発生するので、完全に取り除くことは不可能です。

 カビが発生したら、あきらめるしかありません。

 革製品を押入や引き出しの中に長期間入れておくと、カビが発生しやすくなります。

 密閉された場所ではなく、通気性の良い場所で保管してください。


 【手入れ用品】

 革用のクリーム、オイル、ワックスなどが市販されています。

 が、使いすぎると革が柔らかくなりすぎることもあります。

 特別な理由が無ければ、年に1~2回塗れば大丈夫です。

 防水する場合は、ワックスなどの後にスプレーします。

 起毛素材の場合は、ブラッシングで汚れを落とします。


 ■ 革の種類 2008/11/16

 革には、いくつかの分類の仕方があります。

 【動物の種類による分類】

 牛や豚だけでなく、羊、馬、鹿なども入手することができます。

 また、ヘビやワニなどの爬虫類、サメやエイなどの魚類の革もあります。


 【なめし方による分類】

 「なめし」とは、動物の皮を柔らかくし、腐らないようにするための処理です。

 なめし方には、「タンニンなめし」と「クロムなめし」があります。

 「タンニンなめし」は、昔からのなめし方で、タンニン(渋)を使ってなめします。

 一般的に「ヌメ革」と呼ばれるもので、最初は固いのですが、徐々になじんでくる革です。

 「クロムなめし」は、クロムを使ってなめした革です。

 安価で柔らかく、傷や汚れにも強いため、市販されている革製品の多くが「クロムなめし」です。

 ただし、「クロムなめし」は焼却すると、有害物質「六価クロム」を発生させることがあります。

 そのため、各自治体では、革靴やカバンなどは不燃物として処理するように指導しています。


 【仕上げ加工による分類】

 染色した革もあり、「染料染め」と「顔料染め」があります。

 「染料染め」は、色落ちしやすい傾向があります。

 クロムなめしの方が発色がいいので、カラフルな革は大抵クロムなめしです。

 また、起毛処理した「スエード」「ベロア」「バックスキン」「ヌバック」や、毛皮などもあります。

 他に、「型押し」したものや「シワ」を付けたものもあります。


革細工:Radical Craft
inserted by FC2 system